CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CONTENTS
CATEGORY

TWITTER



SELECTED ENTRIES




MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

久彼山博物館

メニューのCategoryからコンテンツ表示ができます
異端審問ラボ



『異端審問ラボ』
講談社タイガ
挿画:スオウ様

世界言語が統一されて2000余年。千鳥は事件捜査を手がける警務部隊を目指して、優秀な成績を治めてきた。しかし、卒業と同時に与えられた辞令で配属されたのは、まったく別の栄養科学研究所だった。

食事の文化が失われた世界で古代の食事を探求する、秘密の謎解きファンタジー

| 既刊リスト | 17:55 | - | - |
うちの執事が言うことには



『うちの執事が言うことには』
KADOKAWA文庫
装画:佐原ミズ様


突然、実家の父の呼び戻された花頴(かえい)。すぐに家督を継げという。おまけに、頼りにしていた執事、鳳の姿はなく、代わりに仕える事になったのは見知らぬ若い執事だった。不本意ながら主従になってしまった二人の、日常謎解きミステリー

第一部 1〜3巻
第二部 4〜6巻
第三部 7巻〜9巻(シーズン完結)

| 既刊リスト | 17:52 | - | - |
コミカライズ



『うちの執事が言うことには』
KADOKAWA/ASUKAコミックス
漫画:音中さわき様
キャラクターデザイン:佐原ミズ様

同タイトルの小説(こちら)の漫画版です

1〜6巻
月刊ASUKAで連載中

| 既刊リスト | 17:50 | - | - |
マンガ(原作)



『少年×少女小説家』(全二巻)
作画:木与瀬ゆら様/一迅社コミックス

高校生で少女小説家になった市来は、周囲の友人にもそのことを打ち明けられずにいた。しかし、本当に隠したいのは秘密自体ではなく……?





『A-presto』(全三巻)
作画:十峯なるせ様/一迅社コミックス

時を忘れて庭先に座る友人カラク。リンは彼を訪ねては思い出話をするが、カラクが忘れているのは昔語りだけではなかった





『玻璃月蜻蛉縁物語』(全二巻)
作画:岩崎美奈子様/一迅社コミックス

「山の上の朽ちた神社でお願い事をすると叶うんだって」。ありふれた噂を聞いて山頂に登る人々が出会うのは、神様でも人でもない、形のないモノ――
 

| 既刊リスト | 17:15 | - | - |
天青国方神伝


講談社ノベルス
装画、挿絵:つよ丸様


士官候補生イオンは、国内で叛乱を企てるヘリオドール族への使者に立つ事になる。王と族長との会談は無事、実現するかと思われたが、狂い始めた国の歪は、イオンが思う以上に根深く、不可解な謎が隠されていた
世界の理を紐解くオーソドックスファンタジー

1、アケローンの邪神
2、バラトルムの功罪
3、カエクスの巫女
 
| 既刊リスト | 19:46 | - | - |
フェンネル大陸真勇伝


講談社ノベルス
装画、挿絵:ミギー様


偽王伝の続編。大陸西方で偽王となったフェン。旅を続ける内に、祖国ストライフ王国の不穏な噂を耳にする。彼女の追放に隠された真実が明らかになる

1、草原の勇者
2、太陽と異端者
3、雪の追憶
4、黄昏に祈る人
5、星々の夜明け(完結)

6、天球儀白話(短編集)
 
| 既刊リスト | 19:42 | - | - |
フェンネル大陸偽王伝


新書版/講談社ノベルス
装画、挿絵:ミギー様




文庫版/講談社文庫
装画:sime様


大陸の東端、ストライフ王国。幼くして将軍職に就いたフェンベルクは、獣兵師団を率いて順調に戦果を上げていた。しかし不意に届いた凶報が、次第に彼女を奈落の底へと導いて行く。投獄、国外追放、失意の果てに見た真実とは……
夜明けを目指すスタンダードファンタジー

1、孤狼と月
2、騎士の系譜
3、虚空の王者
4、闇と光の双翼

5、風牙天明
6、雲の花嫁
7、終焉の詩(完結)
 
| 既刊リスト | 19:37 | - | - |
薬屋探偵怪奇譚


新書版/講談社ノベルス

文庫版/講談社文庫
装画:水口十様


薬屋探偵妖綺談の後のお話です。

1、ソラチルサクハナ
2、天上の羊 砂糖菓子の迷児
3、ダウスに堕ちた星と嘘
4、遠に呱々泣く八重の繭
5、童話を失くした明時に

6、来鳴く木菟 日知り月
7、 星空を願った狼の
8、君にまどろむ風の花
| 既刊リスト | 19:26 | - | - |
薬屋探偵妖綺談



新書版/講談社ノベルス

文庫版/講談社文庫
装画:唯月一様


日本、久彼山町にある深山木薬店には奇妙な取り合わせの3人組が暮している。年齢も出身地もバラバラだが、彼らには"妖怪"という共通点があった。そして裏稼業で妖怪に関わる事件の依頼を受け、解決したりしなかったりしている。

1、銀の檻を溶かして
2、黄色い目をした猫の幸せ
3、悪魔と詐欺師
4、金糸雀が啼く夜
5、緑陰の雨 灼けた月

6、白兎が歌った蜃気楼
7、本当は知らない
8、蒼い千鳥 花霞に泳ぐ
9、双樹に赤 鴉の暗
10、蝉の羽

11、ユルユルカ
12、雪下に咲いた日輪と
13、海紡ぐ螺旋 空の回廊(第一部完)

14、深山木薬店説話集(番外短編)
| 既刊リスト | 18:43 | - | - |
よみきり小説



『雰囲気探偵 鬼鶫航』
講談社ノベルス
装画:越島はぐ様

<あらすじ>
鬼鶫航は、探偵としての実績、評判、立ち居振る舞い、どれを取っても非の打ち所がない。しかし、彼自身にひとつだけ不可解な謎があった。それは、事件を解かないことである。事件を解かずになぜか事件が解決する、名探偵と経理くんの短編集。





『祈りの虚月』
講談社ノベルス
装画:ミギー様

<あらすじ>
三日月の下で儀式を行うと願いが叶う。女学院に語り継がれる言い伝えの夜、校舎へ忍び込んだ生徒は一人ではなかった。儀式の鍵を探して、生徒たちの秘密の夜がはじまった。





『なりそこない』
三笠書房/f-Clan文庫
装画:ancou様

<あらすじ>
休暇を過ごすため借りた山中のコテージには、見知らぬ四人の男と一匹の犬、そして身元不明の赤ん坊がいた。紛れ込んだ誘拐犯を探して、長い夜が始まる。





『迷子と迷子のアクセサリー店』
KADOKAWA/ビーズログ文庫

装画:THORES柴本様

 

<あらすじ>
主人公が迷い込んだのはアクセサリー店。まるで建物そのものが機械のようなその店には、主人公の常識では考えられない客が次々に訪れた。

 

 

 

 

『幻想風紀委員会』

ビーズログ文庫アリス

装画、挿絵: ヤスダスズヒト様

 

<あらすじ>

「月が見えない夜は、学校に残っていてはいけないよ」誰もいない校舎でミカサが見たのは、歪んで狂った異形の足だった。

| 既刊リスト | 18:38 | - | - |