CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CONTENTS
CATEGORY

TWITTER



SELECTED ENTRIES




MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

久彼山博物館

メニューのCategoryからコンテンツ表示ができます
<< 紫陽花 | main | 映画の撮影を見学させて頂きました >>
お知らせ

 

『うちの執事が言うことには』
実写映画版を制作して頂けることになりました!

 


驚きました。
未だに実感が追いついていません。


皆様に読んで頂いていることが嬉しくて。本の形にして頂いて、皆様のお手元に届けてくださっていることが嬉しくて。佐原ミズさんの表紙と、音中さわきさん版のコミックスも大好きで。その上、映画にしよう!と思って頂けたこと、多くの方々にお力添え頂けることが嬉しくて。全方向にお礼を言いたいです。ありがとうございます。


久万真路監督版の世界、永瀬廉さん版の花穎、神宮寺勇太さん版の赤目さん、青島武さん版の脚本、映画版の物語を拝見できるのが光栄でとても楽しみです。

 

少しずつ追加で公開されることもあると思いますので、随時こちらでもお伝えできたらと思います。

 

映画版『うちの執事が言うことには』もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

(続きは追記です)

 

 

新たな形で表現して頂けることになった時、いつも申し上げているのは、文章を読んで受け取って頂いた世界は、それぞれすべてが大切な存在だということです。

 

本を読んで頂いた時に、頭の中、心の奥に浮かんだイメージは、これだけが正解、これは間違いということは決してありません。おひとりおひとりの中にある本物です。

 

コミカライズ版、映画版、そして皆様の中にある光景。どれも同じ文章を読んで形作られた、その方がいなければ存在できなかった、かけがえのない世界です。

 

ですから、もし誰かとイメージが異なったとしても、大切にお持ち頂けたら嬉しく思います。読んで下さった方の数だけ自由に世界が存在できるのは、本の素敵なところです。様々な世界と、原作でも、ご一緒頂けたなら至上を超える幸いです。

| various | 11:15 | - | - |