CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CONTENTS
CATEGORY

TWITTER



SELECTED ENTRIES




MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

久彼山博物館

メニューのCategoryからコンテンツ表示ができます
<< よみきり小説 | main | 薬屋探偵怪奇譚 >>
薬屋探偵妖綺談



新書版/講談社ノベルス

文庫版/講談社文庫
装画:唯月一様


日本、久彼山町にある深山木薬店には奇妙な取り合わせの3人組が暮している。年齢も出身地もバラバラだが、彼らには"妖怪"という共通点があった。そして裏稼業で妖怪に関わる事件の依頼を受け、解決したりしなかったりしている。

1、銀の檻を溶かして
2、黄色い目をした猫の幸せ
3、悪魔と詐欺師
4、金糸雀が啼く夜
5、緑陰の雨 灼けた月

6、白兎が歌った蜃気楼
7、本当は知らない
8、蒼い千鳥 花霞に泳ぐ
9、双樹に赤 鴉の暗
10、蝉の羽

11、ユルユルカ
12、雪下に咲いた日輪と
13、海紡ぐ螺旋 空の回廊(第一部完)

14、深山木薬店説話集(番外短編)
| 既刊リスト | 18:43 | - | - |