CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CONTENTS
CATEGORY

TWITTER



SELECTED ENTRIES




MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

久彼山博物館

メニューのCategoryからコンテンツ表示ができます
[薬屋]冬の始まりのお話

*『薬屋探偵妖綺談』番外SSです

続きを読む >>
| 未発表短編>薬屋 | 11:25 | - | - |
『うちの執事に願ったならば』7

 

『うちの執事に願ったならば』7

装画:佐原ミズ様

(角川文庫)

 

書類の不足が見つかって、卒業校を訪れる事になった花穎だが、宿泊した古城ホテルで奇妙な事件の目撃を衣更月に止められる。

 

全四編を収録した短編集です。週末で地域によって前後するかもしれませんが、佐原さんの描かれるキラキラした素敵なクリスマスを目印に、見つけて頂ければ幸いです。

 

 

また、11月に映画版がDVDになるそうです。個人的に皆さんと、せーの!で再生してわいわい感想を言ったり聞いたりしながら観たいです。

 

Twitterか人数が少なければDiscordのテキストチャンネルでできたらいいなあと思っています。私個人のこととは言え一応、許可など確認してから……もし叶いそうだったらご一緒してください。

 

暑さで体も頭も動きが鈍くなっておりましたが、風は少し涼しくなってきましたね。皆様もお体お気を付けて、よい日になりますように。

| 既刊リスト | 15:58 | - | - |
近況

皆様からのお手紙を転送して頂きました。

ありがとうございます!

 

顕著な例のひとつですが(お付き合いくださっている方々には何度かお話したことがあると思いますが)、

 

電車で座席が空いた時に、空席は疲れて座りたいという願望が見せている幻で、本当はそこに人がいて、座った瞬間、誰かの膝の上だったらどうしよう申し訳なさすぎる……と一旦、躊躇する性質を持ち合わせておりますところに、エゴサーチをしないというセルフルールも加わって、

 

気を抜くと、読んでくださっている方がいらっしゃることも、本を出させて頂いていること自体も、幻ではないかなと思う時があるのですが、幻ではなかったです!

 

映画のメモパッドを使ってくださった方もいらして……あのグッズ、いいですね。クリアファイルとメモパッドで辞令が違うのがまた、観終わると理由がわかる仕掛けで、大好きです。

 

現在は、新刊の準備を進めております。シリーズによって進行も異なる為、お待たせしてしまったり、順番が前後することもありますが、よりよい形で必ずお届けしたいと思います。具体的なお話ができるところまで進んだら、またお知らせさせてください。

 

 

 

| various | 14:36 | - | - |
私的なお願い

公開中に再度、観に行きたいと思っています。よかったら皆様の思うピンポイントな見どころを教えてください。

 

例)
個人的に好きな 一瞬しか見られない色々
・「犯人はあなたです」の指し方
・ベルと壁紙の家紋
・雪倉家の棚

 

記事等で知ったところ
・赤目さんのポケット
・鍵と一緒に映り込むカエル

 

メールフォームまたはTwitterのリプでも、お聞かせ頂けたら嬉しいです。見逃さず観てきます。

 

 

 

 

 

 

追記

皆様に教えて頂いたところを心に留めて観てきました。いっそう楽しかったです!メールフォームと、Twitterからも、ありがとうございます!

 

| various | 12:30 | - | - |
短編のお知らせ

『文庫 うちの執事が言うことにはEX』折り込みSS
『同 コミカライズ10巻』最終話短編
『小説 野性時代 6月号』読み切り短編
『同 映画公式サイト』SS連載

 

花穎と衣更月+4編それぞれ異なる人達とのお話を書かせて頂きました。

 


映画公式サイト

 

映画未登場の人物にも関わらず快く受け取ってくださって、素敵なページまで作って頂きました。ありがとうございます!

 

映画では三姉弟妹になっていて、弟妹をお留守番させ、自分が矢面に立って利用される長女の強い優しさ!と思ったので、弟妹をひっそり添えさせて頂きたく……。叶えて頂けて嬉しいです。

 


 

折り込みと雑誌には佐原ミズさんが美しいイラストを、コミカライズは音中さわきさんが全シーン余すところなく描き下ろしてくださっています。ぜひ、御覧頂ければ幸いです。

 

素敵な機会をありがとうございました。

| !information | 17:01 | - | - |
日記

映画版『うちの執事が言うことには』が公開になりました。

 

 

 

映画に関してはどちらかというと私は観る側なのですが、本を読んでくださっている皆様、役者さんや制作陣のファンの方々、ご縁があって見かけてくださった方も観てくださるのかなあと思うと、公開直前は緊張して落ち着かなくて、無心で部屋の掃除などしていました。

 

少しずつ私の方にもご感想を送って頂いて、画面のこちら側で相槌を打ちながら拝読しております。ありがとうございます!

 

私も皆様にご覧頂けた頃に、画面や曲のここが好き、ですとか、このアレンジ/演出/演技にしびれた、等のお話ができたらいいなと思います。

 

登場する人々の一挙手一投足、お声と音楽、画面に映る全てと、客席まで広がってくるような空気に、触れて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

映画公式サイト

| various | 11:46 | - | - |
新年号

 

5月になりました。あけまして令和、新年号もよろしくお願い致します。

 

映画公開を前にいろいろな催しが行われています(映画公式ツイッター公式サイトでご案内を見ることができます)行かれた方はぜひ、お話聞かせて頂けたら嬉しいです。

 

本のご感想も、頂いて改めて知る、本として実在した実感は、次に筆を取る時の大きな元気になっています。ありがとうございます!新年もがんばります。

| various | 11:34 | - | - |